ムメモ

書きたいことを虚実交えて適当に書きなぐるものです。

深夜のスーパー銭湯は死体が転がる明るい廃墟のよう


f:id:mumemoo:20170804000044j:image

 理想的な睡眠環境

眠たい目はカフェインでジャギジャギ

 

加賀フェス帰り、深夜1時過ぎ。

 

車を走らせ私は国道沿いのレジャーランド隣のスーパー銭湯へ行った。

とにかく薄ら汗はかいてるし、眠たさも相まって深夜料金は構わない姿勢でそこに入った。

 

 

普段はあまり入らないところなのでふらついてみたら、地下一階に仮眠という名の死体がゴロゴロ転がるきれいな廃墟がそこにあった。